■ 虚弱体質や原因不明の病気 ■
(1) 根グサレを起こしている腸壁(原因は腸内細菌)
@ 植物の根は私達の腸にあたります。土は腸の内容物、そして土壌微生物は腸内細菌です。健康状態が優れないのは、植物でいえば「根グサレ」を起こして、枯れ始めている状態です。
A 私達の腸内には約100種類100兆個もの腸内細菌が棲みついています。 細菌1個わずか1ミクロンですが、一列に並べると10万キロメートル、なんと地球を2周り半もする腸内細菌がおなかの中にいるのです。
B 腸内細菌は発酵型の善玉菌(乳酸菌など)と腐敗型の悪玉菌(ウエルシュ菌など)に大別されます。便秘をしないから腸は大丈夫と思いがちです。便秘はもちろん良くありませんが、毎日便通があっても腸内細菌のバランスが良いとは限りません。腸の健康状態の目安は、便の色と臭いと硬さです。乳酸菌が多いと便は酸性になり黄色くなります。ウエルシュ菌が多いとアルカリ性になり、黒く臭くなります。
C 乳酸菌は小腸(約5.5m)と大腸(約1.5m)では生息するタイプが違います。特に小腸の乳酸桿菌は消化吸収、解毒、免疫強化など大切な働きをしています。
D 乳酸桿菌が減少すると腸内では腐敗菌が増殖し、免疫が低下し、腐敗産物により血液が汚れ様々な症状を引き起こすと同時に、栄養素の消化吸収が悪くなります。特に貧血や低血圧はミネラルなどの栄養素の吸収の悪い人に見られる症状です。
(2) 根グサレの原因(乳酸桿菌の減少)
@ 冷たい飲み物が多く、おなかを冷やす。
A バランスの悪い食生活と食品添加物、農薬
B 抗生物質などの医薬品の使い過ぎ … 少し熱がある、はなが出るなど多少の症状で薬に頼らないこと。
(3) 根グサレを改善する為に
@ 主食のご飯と発酵食品(酢の物や納豆、漬物、梅干、味噌汁、もろ味など)特に酢っぱい食品の摂取量が不足しない様に(ご飯は乳酸桿菌を増やすエサになります。発酵食品は有機酸や酵素を含んでいて、全て少しづつですが整腸作用があります)
A 有害添加物の入った物は食べない。(野菜もなるべく低農薬の物を使う)
B 炒め物、揚げ物、焼き肉など油を高温で加熱調理した食品を食べない(加熱した油は腸を汚します。手作りドレッシングは良いです)
C ビオネ健康センターでは、無料で健康相談を行っています。お気軽にご相談下さい。