記事一覧

病気の原因は?ストレス⇒自律神経、遺伝?本当かしら???

子育てはストレスが溜まる?
子供の喧嘩でイライラするお母さん
お母さんがイライラすると、子供も落ち着きが無くなります。
1日友達の子供を預かったつもりで客観的に接してみては?
現代社会は子供にもストレスの多い生活環境です。
短時間でも広い公園で遊ばせて見ては?

寒くなると腰、膝、足の痛み、足の痙攣を訴える人が増えます。
夏に症状が出ない人は冷えが原因。冷えると筋肉が緊張して血液循環が悪化します。
血液循環が悪くなれば、筋肉は酸素不足で更に収縮して、血液循環の悪化が促進されます。
冷やさない事と、症状が出たら温めることです。
外で仕事をする方は防寒対策。仕事中に汗をかく仕事でもヒートテックのタイツや靴下とオーバーズボンですね。
私もテニスをしますが、12月からはヒートテックのタイツを履いています。
20年前はそんな事無かったけど、冷えると痛む事があります。
老化現象かな?もう32歳ですし・・・(^▽^)
ラジオは顔が見えないから・・・
食事は気をつけていますし、乳酸菌生産物質も37年飲んでいます。
でも50歳過ぎて、少し体温が少し下がったから、ミネラルの「海草物語」を飲むようになってから体調もいいです。
病気の原因をストレス⇒自律神経や遺伝と言う人もいますが、ストレス⇒自律神経、遺伝だけでは病気になりません。ストレスはみんなにありますし、遺伝で病気になるなら幼少期に発症するはずです。
遺伝的な要因は血液循環の悪い場所が遺伝する事です。
病気の原因は「血液の汚れ、血液の循環不良、体内酸素不足」です。
それが進むのが老化現象です。
老化現象とは腸内フローラの老化から始まります。
毛細血管と血液の減少、そして血液の老化です。
特に赤血球が硬くなり、血液循環不良を起こします。
赤血球は6~8ミクロン、低血圧の人は毛細血管も細く赤血球も小さいです。
赤血球は微細な血管内(4ミクロン)ではパラシュート型に変形して流れていきます。
赤血球が硬くなれば、通過障害で心筋梗塞、脳梗塞、その他様々な病気を発症します。
改善には、食養生(和食と発酵食品)、腸内フローラ、ミネラル食品の摂取の3つが基本です。
食養生で改善できれば理想的ですが、腸内フローラの老化は止められません。
お勧めは「乳酸菌生産物質」30時間培養して培地1g中の菌数は4兆個、8種類の乳酸桿菌、4種類の乳酸球菌、4種類の酵母菌を使用しています。
ミネラル食品は「海草物語」がお勧めです。
主原料は9種類の植物の乾燥粉末。
植物原料だけの栄養機能食品は海草物語以外にはありません。
特に鉄分の含有量が多く、マグネシウムや亜鉛など、不足しがちなミネラルの宝庫です。
ラジオ大阪1314OBC ドクトルかっちゃん「笑顔で元気」
放送音声⇒ http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC170111_Dr_K_Egao.mp3