記事一覧

乳酸菌の働きは生菌では無く「発酵物質」の働き

インフルエンザの強毒性と弱毒性の違い
季節性インフルエンザウイルスは気道や腸管で増殖します。
強毒性ウイルスは様々な部位で増殖して全身に炎症が拡大します。
ウイルスその物による炎症と同時に毒素を生成して、発熱など様々な症状を発症します。
病原性大腸菌O-157などの細菌感染も、菌体には毒性はありません。
菌が生成する毒素が体に様々な炎症を発生させます。
病原性大腸菌も感染して発症する人と、症状の出ない人がいます。
大腸菌は日和見菌です。
発症する人は腸内の腐敗菌が優性の人です。
善玉菌(乳酸菌)が優性の人の腸内では、毒素を生成せずに、ビタミン合成や免疫刺激など有益な働きをします。
これは善玉菌の発酵物質がO-157をコントロールしているからです。
善玉菌の発酵物質は、猛犬を繋いでおとなしくさせる鎖の様な存在です。
鎖で繋いだ猛犬は、番犬として働き、人に危害を与えません。
乳酸菌の働きは生きている菌自体には効果はありません。
発酵しないと効果が無いのです。
ということは、乳酸菌、酵母菌、酪酸菌の発酵物質を摂取する事と、有益な腸内常在菌を増殖、発酵させる事が重要です。
有用菌の発酵物質の摂取には発酵食品を種類多く食べる事です。
味噌、醤油、沢庵、ぬか漬け、酢の物、粕汁、甘酒、干し柿、干し芋、その他様々な発酵食品が日本にはあります。
同じ食品でも地域によって発酵している菌が違うので、市販のぬか漬けも生産地が変われば、違う菌の発酵物質を含有しているので違う発酵食品なのです。
その発酵物質が腸内常在菌を刺激したり、腸内乳酸菌の増殖を助けて、自分のおなかの中で有用生産物質を作ります。
日本人の腸内細菌には、日本古来の発酵食品が一番合います。
腸には全身のリンパ球の60%が集まっています。
腸内発酵を促すことは体温も上がり、感染症の予防にも役立ちます。
発酵食品も古漬けの方が菌数も発酵物質も多く、理想的です。
今月のラジオ大阪・プレゼントの乳酸菌生産物質は、沢山の乳酸菌の発酵生産物質を現有しています。
30時間培養後、培地1g中の菌数、乳酸菌飲料100万個、ヨーグルト1000万個、乳酸菌生産物質4兆個、何とヨーグルトの40万倍の菌数です。
30時間培養後40万倍ですが、3日後の培地1g中の菌数は無限大で計測できません。
更に1年間発酵熟成させて乳酸菌と酵母菌の生産物質を培地から抽出しています。
ラジオ大阪1314OBC かっちゃん&みゆき
放送音声⇒http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC161221_Dr_K_Egao.mp3