記事一覧

癌遺伝子検査と癌発症リスク

東京医科歯科大学名誉教授「藤田紘一郎」先生から新刊のプレゼントを頂きました。
「長命革命」大変興味深く私が共感する事が多く書かれている本です。
私が過去の放送の中でお話したことも沢山書かれています。
内容が大変素晴らしく先生らしい「自然体」が基本です。今日はその内容をご紹介させて頂きます。
科学が発達して、生命の秘密が解き明かされても、私たち人間が忘れてはならない事があります。
自分の体の主は自分であり、病気を防ぎ、治す力は自分の中にしっかりと備えられています。
病院では治らない病気も多いです。
ハリウッドの有名女優、アンジェリーナ・ジョリーさんの話題です。
彼女の母親が乳がんで亡くなった為に遺伝子検査を受けたところ、乳がんの発症リスクが87%だった。その為に両方の乳腺を切除する手術を受けました。
手術後の彼女の乳がんの発症リスクは5%に減少したと言うことです。ということは0%ではありません。
皆さんはこのニュース、どう思われたでしょうか?
2010年にアメリカで発表された論文です。
100歳以上の1700人の長寿者と若年群、全ての人の遺伝子解析を行ったところ、病気のリスク遺伝子に関しては、差が無かったと言うことです。
癌を発症する遺伝子リスクが高くても、100歳まで癌にならない人が多数いるという事です。
つまり癌などの病気や寿命を決めているのは「病気のリスク遺伝子ではない」と言うことが証明されました。    
日本で癌を発症する人は、年間約100万人です。
全ての癌で推計したら、遺伝性の癌は約5%ということです。
という事は95%の癌患者は遺伝以外の要因です。
自己免疫力の低下という事になりますが、これは食生活、化学物質、腸内フローラなど様々な要因があります。
藤田紘一郎先生曰く病気になる原因については「体の中で病気になる遺伝子のスイッチが入る事」
では、病気を治すためにはどうしたら良いでしょうか?
病気を発症した原因を一つずつ取り除くことではないでしょうか?
食事や化学物質、そして腸内フローラが大きく関わっていることは間違いありません。
食事や睡眠などの生活習慣を見直して、治癒力のスイッチが入れば病気が消えていく事もあります。
動物は腸から進化した(腸内フローラは人と共棲)
単純な構造の動物はミミズ 目も鼻も脳も呼吸器もありません。 
持っている器官は腸だけです。
ミミズの生きる術は、口から肛門までの消化管と腸内細菌だけです。
神経細胞や免疫細胞も全て腸の中にあり、食べ物などの判断も腸で行っています。
腸の中で栄養を吸収し、様々なホルモンや体内酵素も生産しています。
その名残が人間にもあります。
幸せホルモンのセロトニン、ドーパミン、オキシトシンは元々腸内細菌の伝達物質でした。
脳内ホルモンのセロトニンは小腸で造っています。
セロトニンの90%は腸に存在し、脳には僅か2%です。
セロトニンが脳の為にあるのなら、脳に沢山存在するはずです。
腸は単なる管ではなく、「第2の脳」と呼ばれるほど複雑な組織です。
表面が絨毯の毛のような「腸絨毛」5000万本に覆われています。
表面積は皮膚の200倍(テニスコート1.5面分)で外界に接しています。
腸には、全身の毛細血管の55%、リンパ球の60%、脳以外の神経が50%集まっています。
腸は最大の免疫組織、最大の末梢血管組織、最大の神経組織です。
腸内フローラを元気にしてくれる食養生(和食)と乳酸桿菌、乳酸球菌、酵母菌を使用した日本古来の発酵食品がおススメです。
食養生と、お勧めは乳酸菌生産物質と植物ミネラル食品

病気の原因は?ストレス⇒自律神経、遺伝?本当かしら???

子育てはストレスが溜まる?
子供の喧嘩でイライラするお母さん
お母さんがイライラすると、子供も落ち着きが無くなります。
1日友達の子供を預かったつもりで客観的に接してみては?
現代社会は子供にもストレスの多い生活環境です。
短時間でも広い公園で遊ばせて見ては?

寒くなると腰、膝、足の痛み、足の痙攣を訴える人が増えます。
夏に症状が出ない人は冷えが原因。冷えると筋肉が緊張して血液循環が悪化します。
血液循環が悪くなれば、筋肉は酸素不足で更に収縮して、血液循環の悪化が促進されます。
冷やさない事と、症状が出たら温めることです。
外で仕事をする方は防寒対策。仕事中に汗をかく仕事でもヒートテックのタイツや靴下とオーバーズボンですね。
私もテニスをしますが、12月からはヒートテックのタイツを履いています。
20年前はそんな事無かったけど、冷えると痛む事があります。
老化現象かな?もう32歳ですし・・・(^▽^)
ラジオは顔が見えないから・・・
食事は気をつけていますし、乳酸菌生産物質も37年飲んでいます。
でも50歳過ぎて、少し体温が少し下がったから、ミネラルの「海草物語」を飲むようになってから体調もいいです。
病気の原因をストレス⇒自律神経や遺伝と言う人もいますが、ストレス⇒自律神経、遺伝だけでは病気になりません。ストレスはみんなにありますし、遺伝で病気になるなら幼少期に発症するはずです。
遺伝的な要因は血液循環の悪い場所が遺伝する事です。
病気の原因は「血液の汚れ、血液の循環不良、体内酸素不足」です。
それが進むのが老化現象です。
老化現象とは腸内フローラの老化から始まります。
毛細血管と血液の減少、そして血液の老化です。
特に赤血球が硬くなり、血液循環不良を起こします。
赤血球は6~8ミクロン、低血圧の人は毛細血管も細く赤血球も小さいです。
赤血球は微細な血管内(4ミクロン)ではパラシュート型に変形して流れていきます。
赤血球が硬くなれば、通過障害で心筋梗塞、脳梗塞、その他様々な病気を発症します。
改善には、食養生(和食と発酵食品)、腸内フローラ、ミネラル食品の摂取の3つが基本です。
食養生で改善できれば理想的ですが、腸内フローラの老化は止められません。
お勧めは「乳酸菌生産物質」30時間培養して培地1g中の菌数は4兆個、8種類の乳酸桿菌、4種類の乳酸球菌、4種類の酵母菌を使用しています。
ミネラル食品は「海草物語」がお勧めです。
主原料は9種類の植物の乾燥粉末。
植物原料だけの栄養機能食品は海草物語以外にはありません。
特に鉄分の含有量が多く、マグネシウムや亜鉛など、不足しがちなミネラルの宝庫です。
ラジオ大阪1314OBC ドクトルかっちゃん「笑顔で元気」
放送音声⇒ http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC170111_Dr_K_Egao.mp3

ラジオ大阪2017初放送、お節料理を食べ過ぎた後は、腸内清掃

今日は今年の初放送、リスナーの皆様、ご縁のあった方々、今年も宜しくお願い申し上げます。
今年は酉年、酉年の女性は頭が良い人が多いそうですね。
神経質でプライドが高い人も多い様です。
商売には縁起が良い年とも言われますので、景気回復を期待しましょう。
12月に頂いたご質問のお葉書です。
温泉の入浴回数・疲れない程度なら問題ありません。入浴回数が多い人は入浴時間を短めに
抗生剤と腸内フローラ・微熱ぐらいなら薬は不要です。抗生剤の副作用も多少の事なら食事に気をつければある程度は元に戻ります。鎮痛剤の方が悪いかも?
体温の質問が2件。冷え性、低体温の子供さん・ご飯を食べるのは良いことです。発酵食品は食べていますか?甘酒なども良いですし、ニンニクの醤油漬や味噌漬、酢漬もお勧め。ニンニクのビタミンB1は脂溶性で体内に留保する時間が長い。肉類は鍋物に豚肉(脂溶性B1)、鉄分不足の可能性もあります。海草物語を少し試して?
日本人の平均体温は36.9度。1度下がれば免疫は30%低下します。当然、感染症や癌のリスクも高まります。癌になる人は低体温の人が多いですから、改善するべきでしょうね。
食養生で腸内フローラを発酵状態にする事と体内酸素量を増やすこと。
ミネラル不足を解消する食事、特に鉄分が大事です。
鉄分は酸素を運ぶヘモグロビン、酸素を蓄えるミオグロビン(筋肉)やニューログロビン(脳)の原料
細胞内のミトコンドリアがエネルギー(ATP)生産する為にも鉄は必要です。
免疫機能・リンパ球や好中球の働き維持にも鉄が必要。活性酸素の除去(SODの働きを活性化)にも鉄は必要。でも吸収しなければ身につきません。吸収には十二指腸の働きが大事です。
今年も健康管理は食養生から
食養生(和食と発酵食品)、腸内フローラ、ミネラル食品の摂取の3つが基本です。
食養生で改善できれば理想的ですが、腸内フローラの老化は止められません。
私が多忙でも元気でいられるのは、乳酸菌生産物質と海草物語のお陰だと思います。
今月も講演会が多く9日長崎、10日博多、14日(土)は京都です。
京都講演会にご興味のある型は1月14日(土)13時~16時
京都市中京区三条通り商店街・自然食品「プレマルシェオーガニクス」☎0120-841-828
地下鉄二条城駅前か阪急大宮駅が近いです。講演会が2時間で、講演終了後は個人相談も受け付けています。
ラジオ大阪1314OBC ドクトルかっちゃん「笑顔で元気」
放送音声⇒ http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC170104_Dr_K_Egao.mp3

ラジオ大阪に頂いたご質問のお葉書「抗生剤の害、低体温など」

乳酸菌の働きは生菌では無く「発酵物質」の働き

インフルエンザの強毒性と弱毒性の違い
季節性インフルエンザウイルスは気道や腸管で増殖します。
強毒性ウイルスは様々な部位で増殖して全身に炎症が拡大します。
ウイルスその物による炎症と同時に毒素を生成して、発熱など様々な症状を発症します。
病原性大腸菌O-157などの細菌感染も、菌体には毒性はありません。
菌が生成する毒素が体に様々な炎症を発生させます。
病原性大腸菌も感染して発症する人と、症状の出ない人がいます。
大腸菌は日和見菌です。
発症する人は腸内の腐敗菌が優性の人です。
善玉菌(乳酸菌)が優性の人の腸内では、毒素を生成せずに、ビタミン合成や免疫刺激など有益な働きをします。
これは善玉菌の発酵物質がO-157をコントロールしているからです。
善玉菌の発酵物質は、猛犬を繋いでおとなしくさせる鎖の様な存在です。
鎖で繋いだ猛犬は、番犬として働き、人に危害を与えません。
乳酸菌の働きは生きている菌自体には効果はありません。
発酵しないと効果が無いのです。
ということは、乳酸菌、酵母菌、酪酸菌の発酵物質を摂取する事と、有益な腸内常在菌を増殖、発酵させる事が重要です。
有用菌の発酵物質の摂取には発酵食品を種類多く食べる事です。
味噌、醤油、沢庵、ぬか漬け、酢の物、粕汁、甘酒、干し柿、干し芋、その他様々な発酵食品が日本にはあります。
同じ食品でも地域によって発酵している菌が違うので、市販のぬか漬けも生産地が変われば、違う菌の発酵物質を含有しているので違う発酵食品なのです。
その発酵物質が腸内常在菌を刺激したり、腸内乳酸菌の増殖を助けて、自分のおなかの中で有用生産物質を作ります。
日本人の腸内細菌には、日本古来の発酵食品が一番合います。
腸には全身のリンパ球の60%が集まっています。
腸内発酵を促すことは体温も上がり、感染症の予防にも役立ちます。
発酵食品も古漬けの方が菌数も発酵物質も多く、理想的です。
今月のラジオ大阪・プレゼントの乳酸菌生産物質は、沢山の乳酸菌の発酵生産物質を現有しています。
30時間培養後、培地1g中の菌数、乳酸菌飲料100万個、ヨーグルト1000万個、乳酸菌生産物質4兆個、何とヨーグルトの40万倍の菌数です。
30時間培養後40万倍ですが、3日後の培地1g中の菌数は無限大で計測できません。
更に1年間発酵熟成させて乳酸菌と酵母菌の生産物質を培地から抽出しています。
ラジオ大阪1314OBC かっちゃん&みゆき
放送音声⇒http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC161221_Dr_K_Egao.mp3

感染性胃腸炎(ノロウイルス、ロタウイルス)インフルエンザ、予防の鍵は?

インフルエンザや感染性胃腸炎を発症する人が多い時期です。
ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなどウイルスが原因の疾患が多いです。
症状は下痢、腹痛、嘔吐、発熱などです。
ロタウイルスやアデノウイルスは乳幼児が多く発症しますが大人も感染します。
ロタウイルスは白い便で、酸味のある発酵臭がします。
症状は1週間近く続く場合がありますが、子供が発症して、感染する親も時々います。
ノロウイルスは、泥状の生臭い水様便です。新型ノロウイルス感染も増えています。
流行時期は、以前、冬はノロウイルス、春はロタウイルスと言われていましたが、最近は春からでもノロウイルス感染があります。
ウイルスによる感染性胃腸炎の治療にはお薬はありません。
唯一の治療方法は、日にち薬と食養生です。
脱水症状を起こさない様に、温かい水分摂取と食養生
脂質と蛋白質、消化の悪い野菜は食べないようにして下さい。
お粥と梅干、キャベツなどの繊維の柔らかい野菜をよく炊いて、味噌汁ぐらいですね。
ネギや繊維の堅い野菜は消化が悪いので入れないように。
以前、3歳の子供さんの相談をされたお母さん、乳酸菌生産物質を飲ませて症状が治まってきたのに、又悪化しました。原因はハンバーガー・・・汗
下痢だけではなくて、風邪をひいた時も、脂質と動物性蛋白は食べない事ですね。
昔は体調の悪い時は、お粥と梅干が常識でした。
そんな当たり前の事を知らないお母さんが増えました。
下痢をしていなくても、体調の悪い時はお粥と発酵食品がお勧め。
「お粥と梅干じゃあ栄養が無い」と思っている人が多いです。
栄養=蛋白質、脂質と考えていませんか?
風邪気味の時に、肉や油物を食べると、返って高い熱が出ます。
消化吸収力が低下すると、未吸収の栄養素は、腸内腐敗菌が増殖します。
先月からインフルエンザの集団感染も増えて、医療機関では予防接種を推奨していまが効果の程は?
以前の新聞記事です。
静岡の総合病院で、入院患者35人と職員62人、計97人がインフルエンザに集団感染し、70~80歳代の入院患者2人が肺炎で死亡しました。
病院内の感染対策チーム(ICT)が手洗いを徹底させ、職員の97%が予防接種を受けていたが、蔓延を防げませんでした。
職員の97%は予防接種を受けていて、感染した職員も62人中61人が接種済みでした。
その後、感染者は増加しています。果たして予防接種の効果はどの程度でしょうか?
一番の予防の鍵は腸内細菌と腸管免疫。免疫細胞の70%は腸管に集まっています。
腸管免疫を活性化する為の食養生が大事ですね。和食、発酵食品、キノコ類がお勧め。
この時期は乳酸菌生産物質をご愛用されている開業医の先生も多くいます。
医療機関のHPでは「谷口医院 乳酸菌生産物質」を検索して下さい。
ラジオ大阪1314OBC かっちゃん&みゆき
放送音声⇒http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC161214_Dr_K_Egao.mp3

乳酸菌の働きは生菌では無く「発酵物質」の働き

感染性胃腸炎(ノロウイルス、ロタウイルス)インフルエンザ、予防の鍵は?

冬の寒さ対策(冷えは万病の元)

寒くなって不調を訴える人が増えました。
冷えは血液循環を悪化させ自然治癒力を低下させます。
特に高齢者は血液と全身の毛細血管が減少して、体内酸素不足で筋肉が固くなり、更に血液循環が悪化します。
腸内環境を悪化させない食養生が大事です。
炒め物、揚げ物、焼き肉を控えて、日本古来の和食がお勧めです。
野菜の煮炊き物や鍋物、発酵食品、ミネラルの多い野菜、海藻類とニンジン、カボチャ、ゴボウ、生姜、レンコン、ニンニクなど根菜類を食べて下さい。
体を温める野菜や果物は冬に収穫される物です。
葉物は夏野菜ですから体を冷やします、鍋物などで加熱調理して下さい。
朝食は味噌汁や生姜入りスープ、発酵食品も忘れずに。
おやつは、リンゴや干し柿、干し芋、甘酒が良いのですが、最近の子供は干し柿を食べないですね。
補助食品は乳酸菌生産物質やミネラルがお勧めですね。
日本人の平均体温は36.9度、小腸の働きが良くなると、低体温の人も短期間で体温が上がります。
体温低下は病気の原因です。
冷えによる体温低下にともなった症状
36 震えにより熱生産量を増やす
35,5 自律神経失調症
35 癌細胞の増殖
34 おぼれた人を救出し、蘇生出来る限界
33 冬山で遭難して、幻覚が出る体温
体温が1度下がると?
免疫は37%低下します。
基礎代謝は12%低下(基礎代謝 200~500kcal低下)
体内酵素50%低下して、様々な不調がでます。
これからは冷えて足の痙攣を起こす人も多いです。
先ずは冷やさない事と温めること。
就寝前に入浴。
布団乾燥機で布団を温めてから寝るのも良いし、遠赤外線(ヒートテック)のシーツや毛布、アンカなども良いですね。
暖房には加湿器を併用すると、効果的です。
加湿器の代わりに、ストーブの前に金属製容器に水を入れて置いても良いですね。
医療器具では三井式温熱治療器が手頃で使いやすいです。
テレビを見ながらでも腰や背骨、特に骨を温めると全身が温まり、効果も持続します。
寒いと外出しなくなりますが、暖かくして散歩や軽い運動も必要です。
ラジオ大阪1314OBC かっちゃん&みゆき
放送音声⇒http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC161207_Dr_K_Egao.mp3

海のものと山のもの(野菜、海草、根菜類とミネラルの働き)

日本人は縄文時代から海藻を食べてきました。
日本人の腸内細菌は欧米人と違い、海藻の繊維を分解する酵素を造る様になりました。
日本人は海苔などの海藻を消化吸収し、海藻を栄養にする事が出来ますが、欧米人は消化吸収出来ません。
最近の日本人は海藻の摂取量が低下しています。
海藻にはカロチン、ビタミンB12、アミノ酸、アルギン酸ナトリウム・アルギン酸カリウム・アルギン酸カルシウムなどの食物繊維や、多糖類のフコイダン、アミノペプチドの海苔ペプチド・わかめペプチドなどの栄養素やカルシウム・亜鉛・鉄、カルシウム、ヨウ素(ヨード)などのミネラルが多く含まれています。
海草物語の原料について
「アッケシ草」は塩田の周囲に群生し、塩が引くと海面の上に出てきます。
ほうれん草の仲間「アカザ科」ですが、海水を吸い上げて、水分を蒸発させ海の栄養素「海水酵素とミネラル90種類以上」を全て凝縮しています。一番比重の重い植物。
「青のり」植物では少ない、ビタミンB12を豊富に含有・血圧降下作用、肺粘膜の保護再生、血行促進、口臭予防
「ヒジキ」骨粗鬆症の予防、解毒作用、髪の毛や肌の美容効果、動脈硬化の予防、自律神経を安定させる
「メカブ、ワカメ」フコイダン(免疫活性)胃腸粘膜保護、アンチエイジング、育毛、美白、眼精疲労予防
「昆布」ナトリウム排出(アルギン酸)、動脈硬化、高血圧、脳卒中の予防
「アルファルファ」土中に7m根を伸ばし土中の微量ミネラルを蓄える。葉緑素を含有し、カルシウムを保持、増加
アルファルファの「イプリフラボン」は「エストロゲン」と同様
「レンコン」胃壁保護、咽喉、鼻、気管支の粘膜を強化
「生姜」咳を鎮め、痰を切り、嘔吐を抑えるほか、解熱や消化器系の機能亢進、腹痛、胃痛や便秘の解消、血行促進
★海草物語は「鉄分」の含有量が多く、15粒で必要量を確保出来ます。
今月のラジオ大阪・プレゼントの顆粒なら2g入りですから1日2包で良いですね。
★鉄分の働き
・酸素を運ぶヘモグロビン、筋肉に酸素を蓄えるミオグロビン、脳に酸素を蓄えるニューログロビン・脳内ホルモンのセロトニン、ドーパミン、メラトニンの生成・体温上昇や筋肉運動のエネルギー源(ミトコンドリアのATP生産に必要)・活性酸素の除去(SODの働きを活性化)・免疫機能(リンパ球、好中球の働きの維持)・美肌効果(皮膚、爪、毛髪の形成)、体力増強、ダイエット効果(基礎代謝)
★不足すると
貧血、低体温、体力低下、肩こり、疲れやすい、眠気(脳の酸素不足)、感情の減退、イライラ、集中力低下、認知機能低下、学習機能低下、爪が割れる、抜け毛、肌荒れ、抑うつ、睡眠障害、不妊など
ラジオ大阪1314OBC かっちゃん&みゆき
放送音声⇒ http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC161130_Dr_K_Egao.mp3

ページ移動